校章・校訓

校章 校訓

ひのみね養護学校校章

強く 明るく たくましく
 
 
      
 
  
 

ご挨拶

徳島県立ひのみね支援学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和34年「徳島県立ひのみね学園」内に設置された小中学校の分教室で肢体不自由教育を開始しました。その後、徳島県立ひのみね支援学校として、今年で60年を超える歴史ある学校です。『強く、明るく、たくましく』の校訓をもりこんだ校歌は、「サトウハチロー」氏が作詞「中田喜直」氏が作曲していることからも、その歴史がうかがえます
 4月の入学式では小学部5名、中学部7名、高等部2名の新入生を迎え、新しい年度をスタートいたしました。
 本校では、一人ひとりの教育的ニーズに応じた指導と支援を充実させ、自立と社会参加をめざし、安心安全な学校づくりにつとめてまいります。
 現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、安全に子どもたちが登校できるよう、できる限りの拡大防止対策を実施しております。
 社会情勢や環境がどうあろうとも、長年培ってきた本校の肢体不自由教育に変わりはありません。そして、これからも児童生徒が、それぞれの時代に応じ、積極的に社会に参加し、地域の中で充実した日々を過ごせるようすすめてまいります。保護者の皆さま、地域の皆さま、徳島赤十字ひのみね療育センターはじめ関係機関の皆さま、本校の教育に対しまして、ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。                                                                       

                               令和2年4月
                                                                               徳島県立ひのみね支援学校長
                         林  素 弘