校長室より >> 記事詳細

2013/06/17

第46回中四肢P連徳島大会が無事終わりました。

| by:校長
 平成25年6月6日(木)から7日(金)の2日間にわたり「ホテルグランドパレス徳島」にて、標記の大会を開催し、無事盛会のうちに終えることが出来ました。
 前日までの準備や当日の運営に至まで、大変お世話になりました。なかでも、本校保護者の皆さま、担当された先生方大変お疲れ様でした。また、板野支援学校の保護者の皆さまには2日間にわたりまして、お手伝いをいただきました。重ねてお礼を申し上げます。
 初日は、総会を終えた後、北京・ロンドンパラリンピック車いすテニス日本代表選手であった「岡部裕子さん」に講演をしていただきました。私の軌跡と題して、自らの人生を切り拓いていかれた中身の濃いお話をいただきました。障がいがある無しにかかわらず、人としての生き方について考えさせられた次第です。一旦、車いすテニスから退かれるとのことですが、しっかり充電していただき今後ますますのご活躍を祈念しております。
 講演の後は、「学校」と「地域」に別れて分科会を行いました。肢体不自由児が生きる力を育むためにPTA活動は如何にあるべきか、といったテーマに基づき活発な意見交換と情報の共有化を図ることが出来ました。2日目の全体会でも話し合われた内容につきまして全員で協議いたしました。
 懇親会では、「天水連」に来ていただき、素晴らしい阿波踊りを披露してくださいました。県内外の参加者も大喜びで、最後は皆さんで踊ることが出来、徳島の思い出の一コマにくわえていただけたことと思います。
 最後になりましたが、助成や補助等を通して、本会をお支えてくださいました関係者の皆さまに厚く感謝を申し上げます。ありがとうございました。

   

   

   

   

   

   
11:12 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)