行事報告 >> 記事詳細

2017/07/28

夏休み親子スマイル教室

| by:企画総務課
夏休み親子スマイル教室では,夏季休業中の児童生徒の健康維持や日常生活に役立つ内容について外部から講師を招き学んでいます。今年度は,7月27日(木),一昨年に引き続き,NPO法人健口サポート歯るるの副理事長で歯科衛生士の平松満紀美先生をお招きして,「口腔ケアのいろは マッサージのいろは」という内容で講義を聴いた後,実技を行いました。

                         
    

前半の講義の中で,まず誤嚥を防ぐためのポジショニングのポイントとして,横から見て,口角と耳のラインを床と水平にすることや足底をつけることの重要性を教えていただきました。

口腔というのは,粘膜が70%を占めるので,口腔全体を奥から手前に,食べかすや付着物をからめとること,コップの水の濁りがなくなるまで行う,ということがよくわかりました。

また,とろみ剤は,かき混ぜて時間がたつとジュースなどの味や質感が変化することがあると教えていただき,実際に大人が試してみる必要があると思いました。

 

実技では,参加者全員で,唾液腺のマッサージを行ったり,参加児童生徒一人ひとりのポジショニングや口腔ケア等のアドバイスをいただき,今日から取り入れたい内容がたくさんありました。口腔ケアで大切なことを具体的に学び,日々のケアに役立つ内容が盛りだくさんの親子スマイル教室になりました。


11:28