キャビネット

名前
サイズ
 

人権教育より

人権教育 >> 記事詳細

2016/06/29

小松島市人権教育・啓発推進者研修会

| by:人権教育課
 平成28年6月22日(水),小松島市のミリカホールにて「2016年度 小松島市人権教育・啓発推進者研修会」が行われました。芝浦生活文化研究所代表の辻本一英(つじもと かずひで)さんによる講演,人権文化を考える「福を運んだ でこまわし」と,阿波木偶箱まわし保存会の方による人形芝居の実演が行われました。
 辻本氏は,1988年に芝浦生活文化研究所を設立。徳島県内の被差別部落における生産と労働を中心とした生活文化の調査研究に取り組むとともに,阿波木偶箱まわし保存会を組織して「三番叟まわし」「箱廻し」「えびすまわし」「大黒まわし」等の無形民俗文化財の伝承を手掛けられました。現在,全国各地の人権・同和問題の講演をはじめ,福祉,まちづくり文化関係の講演活動を行われています。2016年度の第4回「水木十五堂賞」を受賞されています。講演では,徳島県独自の祝福芸や門付き芸を保存伝承していくことの難しさや大切さについて語られ,その熱意に胸を打たれました。
 阿波木偶による人形芝居は,艶やかで素晴らしい舞台でした。決してこの美しい文化を絶えさせてはいけないと心から思いました。
12:10