本校の自立活動について

授業の取組を紹介します

授業の取り組み紹介 >> 記事詳細

2017/07/26

7月25日(木)夏季研修会を行いました

| by:企画総務課
徳島赤十字ひのみね総合療育センター理学療法課係長の磯部かおりPTを講師にお招きし,校内教員と県内支援学校教員を対象に,「呼吸のしくみと重症心身障害児の呼吸障害への関わり」のテーマで研修を行いました。

前半,「呼吸のしくみ」では,呼吸の際の胸郭や横隔膜の動き,主な呼吸筋の種類や働き,肺の左右の区域について,「重症心身障害児の呼吸障害と症状」では,閉塞性換気障害と拘束性換気障害などについて詳しく教えていただきました。ペットボトルと風船などで作られた気管・肺・胸郭・横隔膜の関係がわかる教材を見せていただきました。



           
後半の実技では,「休息時のポジショニングの実際」ということで,6つの班に分かれ,羽根枕やクッション,バスタオルなどを用いて背臥位・側臥位・腹臥位のポジショニングを行いました。関節可動域の少ない方については可動域の範囲での中間位のポジショニングを考えるということでした。

             
       

「呼吸・排痰の介助」については,背臥位での胸郭の上部へのアプローチ,胸郭下部へのアプローチ,側臥位での胸郭へのアプローチを丁寧に教えていただき,班ごとに熱心に取り組みました。手のひら全体で面で当たるように触れ,相手の呼吸を感じて,呼気に合わせて介助するということを体験しました。

     

     

呼吸に関する知識や呼吸介助などの手技の基本を学ぶことができ,教育活動として子どもたちの健康維持に役立つ知識や技術を今後とも研修していきたいと思いました。
12:53