本校の自立活動について

授業の取組を紹介します

授業の取り組み紹介 >> 記事詳細

2015/10/30

職員研修「感覚に働きかけるおもちゃ」

| by:自立活動
 9月17日(木)職員研修を実施しました。講師はSTコンサルテーションでご指導・ご助言をいただいている徳島赤十字ひのみね総合療育センターリハビリテーション課ST(言語聴覚士)の野津真理先生です。
 4月には食事に関する指導について研修「安全な食事介助を行うために」をしていただきました。今回は,言語聴覚士の立場から障がいのある児童生徒の遊びを促す「感覚に働きかけるおもちゃ」について研修していただきました。
  視覚,聴覚,触覚等いろいろな感覚の持つ意味を教えていただき,いろいろな感覚を体験することで発達を促すことができることを教えていただきました。教員が感覚の持つ役割を知り,ねらいを持って様々な感覚刺激を教育に活かせるように,たくさんの教材教具の紹介をしていただきました。





 教員も楽しい教材に夢中になり,その工夫に感心していました。「作ってみよう」,「日々の指導に活かしたい」との声がきかれました。

 STコンサルテーションは,食事に関する指導のみでなく,コミュニケ-ションや教材の工夫などにもアドバイスをいただいています。STコンサルテーションを活用してよりよい授業作りに努めていきたいと思います。
16:39