行事報告
12345
2017/07/28

夏休み親子スマイル教室

| by:企画総務課
夏休み親子スマイル教室では,夏季休業中の児童生徒の健康維持や日常生活に役立つ内容について外部から講師を招き学んでいます。今年度は,7月27日(木),一昨年に引き続き,NPO法人健口サポート歯るるの副理事長で歯科衛生士の平松満紀美先生をお招きして,「口腔ケアのいろは マッサージのいろは」という内容で講義を聴いた後,実技を行いました。

                         
    

前半の講義の中で,まず誤嚥を防ぐためのポジショニングのポイントとして,横から見て,口角と耳のラインを床と水平にすることや足底をつけることの重要性を教えていただきました。

口腔というのは,粘膜が70%を占めるので,口腔全体を奥から手前に,食べかすや付着物をからめとること,コップの水の濁りがなくなるまで行う,ということがよくわかりました。

また,とろみ剤は,かき混ぜて時間がたつとジュースなどの味や質感が変化することがあると教えていただき,実際に大人が試してみる必要があると思いました。

 

実技では,参加者全員で,唾液腺のマッサージを行ったり,参加児童生徒一人ひとりのポジショニングや口腔ケア等のアドバイスをいただき,今日から取り入れたい内容がたくさんありました。口腔ケアで大切なことを具体的に学び,日々のケアに役立つ内容が盛りだくさんの親子スマイル教室になりました。


11:28
2017/06/24

スマイルコンサート

| by:企画総務課
6月24日(土)参観日2・3校時に,PTAスマイルコンサートが行われました。

今年は,「ミックスジュース(心身障がい児者家族の会「にんじんの会」音楽サークル)」28名の皆さんと「パパカモン(徳島イクメンパパサークル:チーム「パパCOME  ON」)」6名の皆さん,最後にサプライズで「だちくん」が出演してくださいました。

『子どもたちに音楽を楽しんでほしい!!』 という思いで,保護者の皆さんが企画し,プログラムや歌詞カード作り,コンサート会場の飾り付けなどの準備から,コンサートの進行まで大変お世話になりました。

ミックスジュースによる歌&演奏は,保護者有志の歌チームも加わり,「ぼくのミックスジュース」でオープニング,「ビリーブ」 「風になりたい」「海の声」など6曲で,楽器はメンバーに合わせて鳴らしやすく工夫されており,皆さんが楽しんで音楽を届けてくれました。


 


パパカモンによる歌&ダンス&手遊びは,パパたちの優しく力強い歌声とキレのいいダンス,楽しいトークに会場は魅了されました。





フィナーレでは,すだちくんが登場し,「進め!すだちくん」の歌&ダンスを披露してくれました。
子どもたちも楽しいひとときを満喫できたようです。





体育館の蒸し暑さを心配していましたが,外は曇り空で涼しく天気にも恵まれたコンサートでした。
18:07
2017/06/19

人権の花運動

| by:人権教育課
6月16日,人権の花運動がありました。人権擁護委員小松島地区委員会の方が来校され,花の贈呈や「ぐらぐらもりのおばけ」の紙芝居や人権まもるくん・あゆみちゃんとの交流がありました。子ども達もきれいな花を頂き,また人権まもるくんたちと交流できて自然と笑顔になっていました。

16:13
2017/06/19

不審者侵入対応訓練

| by:人権教育課
6月15日,午後3時50分から全教職員対象の不審者侵入対応訓練がありました。小松島警察署生活安全課の全面協力により,凶器を持った不審者が侵入したとの設定で不審者への対応や110番通報・安否確認などを行いました。
その後,不審者への対応方法やサスマタの使い方などについての説明や護身術について実技を交えての講習がありました。

15:53
2017/06/13

スマホ・携帯安全教室

| by:人権教育課
6月8日,NTTdocomoさんによるスマホ・ケイタイ安全教室がありました。
ルールやマナーを守った使い方について、また写真を撮る場合等に肖像権に気をつける事等ついてクイズ形式でわかりやすく説明していただき参加した生徒全員とても真剣に学んでいました。

14:54
2017/03/03

3/2(木)校内研究報告会を実施しました

| by:企画総務課
今年度,各学部でグループを作り,児童生徒のコミュニケーション力育成の事例研究に取り組みました。10グループが,それぞれ外部専門家によるコンサルテーションを2回ずつ受けて,対象となる児童生徒の実態把握や課題のしぼりこみ,指導方法の検討を行いました。グループリーダーを中心に,主としてコンサルテーションを受ける教員,記録係,サポート役などを決め,放課後,行事の合間を縫って,グループ会を続けてきました。

3月2日(木)体育館で,全体研修会として,前半・後半それぞれ5つのブースに分かれて,各グループの報告を行いました。TVやプロジェクターで映像を見せたり,実際に使った教材を並べたりと,工夫を凝らし,どのグループも熱のこもった報告でした。  

 

参加者は自由にブースを移動しながら,興味深く聞いていました。

 

今回のような形式は初めてでしたが,全員が主体的に参加するというメリットがあったのではないかと感じています。
20:28
2017/03/02

「ひのみねからの発信」について

| by:高等部担当者
 「ひのみねからの発信」(児童生徒の作品展)を,小松島やまなみ珈琲店(中田町)で2月1日(水)~28日(火)に開催しました。開催期間中たくさんの方々に見ていただき,誠にありがとうございました。
 また,ご署名やアンケートにご協力いただき,感謝しております。アンケートには,「どの作品も個性が輝いていてすごくすてきでした」「部屋に飾りたい作品が多かったです」「またしてくださいね」などのご感想をいただきました。ありがとうございました。
 毎年会場を提供していただいているやまなみ珈琲店の皆様,大変お世話になりました。ありがとうございました。
 来年も2月に作品展を開催する予定です。今後ともよろしくお願いします。

12:35
2017/02/01

「ひのみねからの発信」開催中です

| by:高等部担当者
 小松島市中田町のやまなみ珈琲店で,児童生徒作品展を開催中です。
 例年多くの方々に見ていただき,ありがとうございます。今年度も各授業で制作した様々な作品を展示しています。ぜひお越しください。また,ご署名・アンケートにもご協力をよろしくお願いいたします。

08:07
2017/01/26

「ひのみねからの発信」について

| by:高等部担当者
今年度も,ひのみね支援学校児童生徒作品展「ひのみねからの発信」を,やまなみ珈琲店(中田町)で2月1日(水)~28日(火)に開催します。美術,書道などで作った作品を展示しますので,ぜひご覧ください。よろしくお願いします。

~昨年度の様子~

16:49
2017/01/18

とくしま特別支援トータルネットワーク事業 公開研修会

| by:進路担当
 1月6日に、福岡市立南福岡特別支援学校 福島 勇先生をお招きし、「肢体不自由児の困難さを補うICT機器の活用について」というテーマで、ご講演いただきました。
 コミュニケーションの困難さを補うICT機器の活用について、できることを活かし、テクノロジーを使ってコミュニケーションを行うことで、自己選択、自己決定を支援することが大切であり、伝わった、認められた経験を積むことが、伝えたいというコミュニケーション意欲の向上につながるとお話いただきました。
 また、実際に視線入力装置を使ったゲームアプリや、肢体不自由に対応したいろいろなスイッチや便利なキーボード(キーガード付き、ひらがな50音配列、ワイヤレス透明文字盤)等の紹介をしていただき、多くの有用な情報を得ることができました。
 校外からも18名の方が参加され、アンケートでは「具体的な使用例を見られて今後の参考になる」「子どもの意思や意欲を汲み取り、引き出すことがコミュニケーションをとるうえで必要だと再認識できた」などの意見があがり、大変有意義な研修となりました。



18:47
12345