行事報告

発達障がい「つながる・ひろがる・はばたく」充実事業(特別支援学校コンサルテーション)

 近畿大学 総合社会学部 准教授 大対香奈子 氏を講師とし、第1回リモートコンサルテーションを実施しました。

 小学部の児童1名について生活場面の映像を見ながら、大対先生から投げかけられたテーマについて、関係者4名で話し合い、その結果をもとに大対先生から助言をいただきました。

 いろいろな気づきが得られたので、コンサルテーション終了後、早速、今後の指導について全員で話し合いました。

      

体育祭*団別集会

8月23日(月)登校日に体育祭の団別集会を行い,各チームで自己紹介,団長を決めました。

各チームのキャラクター(ひのピーorみねポン)を決めるため,団長は校長室へ。

他の児童生徒は決定する様子をZoom配信で見守りました。

 

サイコロを振って大きい目を出した方から,封筒を引いてね!

  

大会長の校長先生が見守るなか「さぁ,どっち?!」

今年は,ひのピーチーム,みねポンチームのどちらが優勝するでしょうか。

10月の体育祭に向けて,みんなで頑張りましょう。「エイエイ,オー!!」 

不審者侵入対応訓練

授業中に不審者が侵入したという想定での対応訓練が8月23日に行われました。

通報し,警察がかけつけるまで,各教室ではドアのカギをかけたり,不審者対応班が不審者を興奮させないように話を聞いたり,不審者を各教室から離れた場所に誘導したりしました。

不審者に対応する教員警察官に取り押さえられた不審者

訓練のあと,小松島警察署の方より,護身術やさすまたの正しい使い方を教えていただきました。

さすまたは複数人で前後から使用することや,竹ぼうきやバインダーなど身近なものでの護身の方法を学びました。

さすまたの使い方の実演護身術を実際に試す教員

また,ひのみね交番の方からは,フィッシング詐欺等の特殊詐欺や,交通安全についてのお話もいただきました。

 

 

 

 

地震避難訓練がありました

 7月14(水)に地震避難訓練がありました。南海トラフ沖が震源とされる巨大地震震度6の揺れ発生し、窓ガラスが割れて飛散していて、廊下に歩行器等が倒れてる可能性もあるという想定で訓練を行いました。地震発生の放送を流れると、児童・生徒は落ち着いて教員の話を聞き、教員の誘導のもと、みんな落ち着いて避難することができました。災害は、いつ起こるか分かりません。災害時にどうすればいいかあらためて、考える機会となりました。 

 今後も学習や学校生活の中で安全というものについて考えていきたいと思います。

   

          

                       


 

    

PTA防災研修会がありました

 8月2日(月)登校日の午後,PTA防災研修会がありました。68名(保護者13名職員55名)が参加し前半は体育館で防災備蓄品の見学や体験,後半は中庭で消火訓練と放水訓練を行いました。

 体育館では避難所で使うプライベートテントや段ボールの簡易ベッドやエアマットの寝心地を体験したり,トランシーバの性能を試したりしました。

 後半の消火訓練は,消防署から借りてきた水消火器を使って消火体験をしました。初めて消化器を使った保護者もいました。最後に図書室前廊下に設置されている消火栓から放水を試しました。

 学校の防災備蓄や消防備品について保護者の方に知っていただいたり,保護者の方と防災について気軽に話ができるよい機会になりました。

第54回中国・四国地区肢体不自由特別支援学校PTA連合会総会およびPTA・校長会合同研究会について

6月3日・4日に中四肢P連鳥取大会がオンラインで開催されました。

校長先生、PTA会長はじめ保護者の方に参加いただきました。

本来ならば一堂に会して行われますが、今年度は新しい試みとしてオンライン開催となりました。

総会行事、高知県立高知若草特別支援学校PTAの取組についての提案発表や、鳥取県立総合療育センター療育支援シニアディレクター北原氏による「障がい児が地域で輝くために」〜私たちができること〜という講演があり、有意義な情報を得ることができました。

 

参観日の防災訓練について

 6月は本校の防災月間です。参観日に保護者の方と一緒に防災訓練をしました。23名の保護者の参加がありました。始めに,梅雨の季節や台風による急な大雨を想定した風水害避難訓練を行いました。その後,災害が収束した後お預かりしている児童・生徒を保護者の方に間違いなく引き渡す訓練を行いました。感染症対策のため,学部毎に別々の場所に避難し,学部毎に引き渡し訓練を行いました。

   

 トランシーバーで本部とやり取りしたり,保護者の方に模擬引き渡しカードを書いてもらう練習ができました。

第1回火災避難訓練を実施しました。

5月25日(火)に火災避難訓練を実施しました。訓練開始直後、突然の非常ベルの音にも関わらず慌てることもなく、安全安心を確保しながら教員と一緒に避難できました。また、非常扉を設置し消火器を速やかに火元に近い場所に集めるなど、教員の動きの確認も同時に行いました。消火器が直ぐに集まり次回訓練にも生かされると思います。

第4回きらめきアート展のお知らせ

第4回きらめきアート展のご案内>

徳島県内の特別支援学校12校と四国内の特別支援学校の幼児児童生徒の作品を紹介するアート作品展をWeb上で開催しています。
 本校からは34点の作品が掲載されています。ぜひ,ご覧ください!!

 

URL https://kirameki.tokushima-ec.ed.jp/

期間 令和3年2月17日(水)~令和3年3月24日(水)17時まで


        

芸術家派遣事業 ピアノ三重奏

 1月21日(木)本校体育館において,ピアノ三重奏(ピアノ,バイオリン,チェロ)が行われました。コロナ禍ということで感染症対策を検討し実施することができました。児童生徒を2回に分けて少人数で鑑賞し,感染予防のため登校を見合わせている病棟生へはライブ配信をしました。決して整った演奏環境ではなかったかと思いますが,演奏者の方からは「このような機会があって嬉しい」との話があり,児童生徒,教職員にとっても生演奏に触れらる貴重な機会となりました。演奏者のみなさん,あわぎんホールの担当者のみなさん,本当にありがとうございました。

クラシック,童謡,アラジンから「ホールニューワールド」,『鬼滅の刃』で一世を風靡した「紅蓮花」などたくさんの曲を聴かせていただきました。

途中で,音色だけで高額なバイオリンを当てる,というテレビ番組にあるようなクイズも出題され楽しい時間となりました。